M-1育毛ミストはサラヴィオ研究所が開発した育毛剤です

 

 

M-1育毛ミストは最近評判になっています。

 

その理由の一つには、

 

2013年春の第7回世界毛髪研究会議最優秀賞を受賞したといってマスコミなどからに取り上げられたからです。

 

M-1ミストが最優秀賞を受賞

 

世界毛髪研究会議は、世界一大規模な毛髪学会ですが、2013年の第7回大会で、世界46か国、250の毛髪関連演題の中からサラヴィオ研究チームの「新規発毛活性化機構(マイクロセンサー理論)」が最優秀賞を受賞したのです。これは、民間企業単独では初の快挙です。

 

 

サラヴィオ研究所は別府に中央研究所、明礬温泉研究所、温泉微生物研究所などをもち、温泉成分や海洋産物から医薬品や医薬部外品、化粧品などの有効成分を探して製品化しようというコンセプトの会社です。

 

サラヴィオ研究所では、円形脱毛症モデルにおける抗炎症作用、関節炎モデルにおける抗炎症作用の研究など、日本リウマチ学会や日本微生物学会、日本薬学会などでも活発に発表をおこなっています。

 

 

M-1ミストはこの優れた研究所が開発した育毛剤なのです。

 

・日本再生医療学会総会…毛包再生医療で世界が最も注目する「スフェロイド」解析に成功!スフェロイド型毛乳頭細胞の限りない可能性。
・第13回日本ミトコンドリア学会…毛乳頭細胞内のミトコンドリア解析が大きく前進!『ミトコンドリアの機能調節機構を解明』
・第112回 日本皮膚科学会…別府温泉由来の天然糖脂質を「美容と健康」に応用。「RG92」幅広い炎症性疾患に有用。
・第112回 日本皮膚科学会…日本初公開『マイクロセンサー理論』 『加水分解酵母エキスの作用機序解明』髪の悩みに希望のシグナル。
・第57回日本リウマチ学会…医療分野での応用に期待!『RG92』が持つ糖脂質の炎症性関節疾患に対する効果を発表。
・日本薬学会第133年会…天然の抗炎症作用をもつ温泉藻類RG92の高い抗炎症作用を実証。関節炎・円形脱毛症等への効果。
・第27回日本皮膚外科学会…育毛理論に新展開!毛乳頭細胞内の繊毛(センモウ)による新規育毛活性化機構を提唱。
・第28回日本微生物生態学会…別府温泉より発見!新型藻類RG92(特許出願)を含む45種類の藻類の特異性について。

 

M-1育毛ミストの育毛作用は発毛促進

 

M-1育毛ミストの有効成分は、グリチルリチン酸 2K、センブリエキス、ニンジンエキス、加水分解酵母、加水分解ケラチン液などです。

 

グリチルリチン酸というのは甘草の成分ですから、“加水分解酵素と漢方のエキス”というのが成分で、ちょっと育毛には関係がなさそうな気がします、、、、

 

 

サラヴィオ社では、M-1育毛ミストの効能は、

 

 1) 繊毛を伸ばす
 2) FGF-10 (毛母細胞増殖因子)の量を増加する
 3) 線維状のミトコンドリアの量を増やす
 4) 細胞活性を増加させる
 5) 細胞エネルギー(ATP)量を増加させる

 

ことによると述べていますね。

 

M-1ミストの発毛促進の作用機序

 

このうち、1)、2)は既に分かっていたことですが、今回新に3)、4)、5)が判明し、その発表が世界毛髪研究会議で最優秀賞を受賞したようです。

 

どういうことかといいますと、毛は抜けても再び生えてきますよね。
これは、毛の根元の毛乳細胞というところに毛母細胞という細胞があって、この毛母細胞が繊毛という毛の赤ちゃんを産みだし、この繊毛がFGF−10という成長因子によって毛に成長させるのです。

 

体表に出ている毛は、全体の毛の1/3だといわれており、多くの毛が皮膚の下で待機しているのですが、この成長が悪くなると薄毛になるのですね、、、。

 

さて、【M-1育毛ミストの作用は毛を作り出す細胞を活性化して成長を促す】ということで、学会でも発表済みですから、科学的に証明されていると考えて良いでしょうね。

 

【M-1育毛ミスト】の育毛作用は【リアップ】と全く違う

 

リアップは国内では一般用医薬品として大正製薬から市販されていますね。

 

使っておられますか?

 

リアップはミノキシジルという化学合成された薬品で、当初は高血圧の薬として開発されたので、有効性が乏しく高血圧の薬としての開発は失敗したのですが、副作用として発毛効果があることが分かり、発毛剤に転用さたものです。

 

内服薬としては副作用が発見されたため頭部に塗布する外用薬としてだけ売られていますが、海外では国内のものより濃度が高いですね。

 

リアップの発毛作用のメカニズムですが、毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化と説明されているのですが、詳細は未だ分かっていないようですが、頭皮の血管を拡張して血行を良くして、発毛に関与する細胞を活性化するというのが主な作用だと考えられています。

 

M-1育毛ミストは上に書きましたように明確な5つの作用が学会でも発表され、科学的根拠に基づく育毛作用を有しています。

 

M-1育毛ミストの発毛促進効果

 

【プロペシア】の作用はやや怖い

 

プロペシアは米国のメルク社が開発した抗アンドロゲン薬の1つです。

 

男性ホルモンであるテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)という活性型に変換する酵素である2型5-α還元酵素を阻害して、男性ホルモンの活性化を抑制する薬です。

 

プロペシアは前立腺肥大症の治療薬として開発されたのですが、男性型脱毛症(AGA)の治療薬としても多くの国で発売されていますね。日本では米メルク社の日本法人(昔の万有製薬)が販売しています。

 

プロペシアはリアップとは全く作用機序が違いますので併用が可能で、併用した方が発毛効果を高める事が出来るとの報告もあるようです。

 

【M-1育毛ミスト】、【リアップ】、【プロペシア】のどれが安全?

 

M-1育毛ミストは医薬部外品、リアップは一般用医薬品、プロペシアは医療用医薬品ですからカテゴリーが違います。

 

M-1育毛ミストはネットや通販で買えますが、リアップは薬局や薬屋さん、プロペシアは医者の処方箋がなければ買うことは出来ません。

 

リアップは飲み薬では心臓血管系に対する副作用が見つかりましたし、プロペシアでは勃起不全、性欲減退などの副作用が危惧されています。

 

副作用の点では、M-1育毛ミストは一番安全ですね。

 

 

次の頁に詳しく一覧表を作りましたので、そちらも必ず見てくださいね!

 

 

サラヴィオ社ではM-1育毛ミストでカイワレ大根が育った、、と安全性をうたっていますけど、これにはちょっと笑っちゃいますね。

 

【M-1育毛ミスト】と【リアップ】、【ロゲイン】との効果と副作用を比較してみました。育毛剤をお探しの方は必見

 

軍配は【M-1育毛ミスト】に挙がった!

 

 

以上ですが、3者の違いと有効性、副作用についてご理解いただけ出でしょうか。
私も今回、非常に勉強になりました。

 

私の結論?

 

そうですね、まずは【M-1育毛ミスト】をお勧めします。

 

楽天でも購入出来るのですが、正規のサイトと値段は同じだし、正規のサイトでは、【満足出来なければ全額返金】というシステムがあるので、まずはこちらからと思っています。

 

最後にもう一点、無香料でアルコールも使っていないということで、女性の薄毛の方にも人気があるのだそうです。